未経験からIT業界へ!元教員の挑戦!

自分の生活の変化、教育について等々、書いていきます。スポーツ観戦(特に野球・バスケット)が好きです。よろしくお願いします。

人を誘うということについて

こんにちは、今日は長い時間の勤務なので少々怯えておりますXiupingです。

忙しくなるのはいいのだけど、一緒に働いている人がイライラしているのをみるのは嫌だなぁ・・・。

自分自身は忙しいことに慣れているので良いのですが、今日の時間帯は一緒に働く人がかなり機嫌がわかりやすい方で、忙しくなると明らかに不機嫌になっていきます。

自分の機嫌は自分で取ってほしいものです。機嫌が悪いのを表に出して周りに気遣ってもらおうとするのはちょっと・・・。最近Twitterか何かの記事で見ましたが本当にその通りですね。

 

 

さて、今回は人を誘うということについて、ですが、これはアルバイト先の先輩にご飯に行きましょうと誘われた話についてです。

どうやらその先輩は就職活動中で、内定が出ればご飯に連れて行ってくれとのこと。

アルバイトでは先輩ですが、年齢は僕の方が確か5つほど上なのでこういう甘えたお誘いが来るということです。

今思えば誘い方も強引だし、まぁそれは良いとしてこの誘いを受けた僕としては当然準備をするわけです。

今の僕の場合だと、

1.お店を選ぶ(場所、相手の好みなどをサーチ)

2.時間帯を決める

3.お店に着くまでの段取りを考える(今回は車で40分ほどのお店)

この辺まで考えます。お祝いということで、言うなればこちら側がもてなす側なわけですからこういったことをするのは当たり前かと。

 

内定が出たら連絡しますね、とのことだったので自信があったのでしょう。が、連絡が来ません。落ちたのでしょうかね。それともうやむやにして僕とはご飯に行きたくない。

 

どちらにせよどちらでも良いから連絡くれよー!!!

 

 

はい。これに尽きます。

なぜかというと、僕自身はご飯に行こうとなった時点で色々と調べ物をするからです。そしてそのためには時間を使う。嫌味な言い方をすれば、他のことに使えたかもしれない時間を使って、です。

 

なぜこのことをわざわざ記事にして残るようにしておいたのかというと、自分が何か約束事をするときにこういうことを忘れないようにしたい、という理由からです。

自分がこういう体験をしたな〜っていうのを他の人に経験させるわけにはいかないですからね。自分が体験して嫌だったことは相手も同じように考える可能性がある、と思うと自分の行動も変わって来ますよね。

 

記事にすることによって自分の気持ちのモヤモヤも解消されるような気もしますしね。

というわけで僕のこのご飯行きましょう問題はある程度自分の中で消化されました。

今後の展開はどうなるかわかりませんが、誘われれば行ってみるし、誘われなければもう良いかなと思えて来ました。自分には他にやることがたくさんあるしね。

 

 

それでは。